タイミング法

タイミング法の診察で高プロラクチン血症が発覚!

高プロってなんだ?

タイミング法を開始し、定期的に婦人科クリニックに通うようになって2回目の受診でのこと。

初診で行っていた血液検査の結果を聞かされました。

何の検査がよくわかっていなかったのですが、おそらくホルモンバランスを見るための検査だったのでしょうね。

「プロラクチン」の値が高いので、薬を飲む必要があります。と言われました。

プロラクチンとは
主に授乳中に脳の下垂体から分泌されるホルモンで、乳腺の発達を促進し、乳汁を分泌させる働きを持ちます。また、排卵を抑制する作用もあります。授乳中以外にこのホルモンの値が高いと、「高プロラクチン血症」と診断され、排卵の抑制や卵巣に与える影響で不妊となる可能性があるとされています。

聞いたこともないホルモンの名前だったので、「えー!」となったのですが、

逆に「これが妊娠できない原因だったのかー」とスッキリした気持ちにもなりりました。

さっそく薬を飲んで治療することに。

高プロの治療とは?

処方されたのは「カバサール」という薬。

週に1度の服薬で効果があるということでした。

吐き気などの副作用があるそうですが、わたしの場合は特に症状は無かったです。

次の診察で、再度血液検査をして、そのまた次の検査で血液検査の結果を聞きました。

「カバサール」のおかげでプロラクチンの値は下がっていました。

しかし、薬を止めるとまた値が上がってしまうとのことで、しばらく服用を続けることに。

しかし、ちょっと気になったのが「カバサール」は妊娠中には服用禁止の薬だということ。

妊娠が発覚したらすぐに飲むのをやめればいい、という説明でしたが、来月にでも妊娠するかもしれない!と思って病院に通っていたわたしにとっては、飲み続けることで不安感が増していってしまいました。

その後も排卵日予測のため、何度も病院に通い、指定された日にタイミングをとりますが、3ヶ月経ってもやはり妊娠できません。

この時点ですでに、病院へ通うのが苦痛になってきていました…。

ふれあい生活館ヤマノ 葉酸、マカ配合妊活サプリsazuca(さずか) 30カプセル入り 約1ヶ月分
created by Rinker

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です