検査

不妊治療専門クリニックに転院!本格的に治療開始。

いよいよ本格的な不妊治療

タイミング治療に限界を感じ、不妊治療の専門クリニックに転院することを決意したわたし。

予約したのは、金沢市から南に少し離れた小松市にある、「永遠幸レディースクリニック」です。

いざ電話してみるも、予約は1ヶ月待ち…

予約日に診察に行くも、初診は一番後回しにされるらしく、ひたすら待ち続け…

それにしても病院キレイ!ホテルのロビーーみたいやん!

めちゃくちゃ人いるなー。イスが足りなくて、待合室の隅の方で座ってる人もたくさんいるし…とか思いながら、2時間くらいは待ったんじゃなかろうか?

やっと呼ばれて、カウンセラーの方とお話。問診票にそって一通り確認されて、治療の希望などを聞かれました。

とりあえず自分の体のことを知りたいので、検査がしたいと伝えてみました。

フーナーテストと卵管造影検査。この検査で何か原因がはっきりすれば、対策ができるんじゃないかと考えたんですね。



ベルトコンベアー式な診察にがっかり

それで、診察室で先生と話して、一言話したくらいですぐ超音波検査。

次はD10でフーナーテストをするので、前日にタイミングを取ってきて、とのこと。

う、うん。良く言えばスムーズなんだけども…対応が機械的すぎて、なんだかなあ。

人も多いし、次々診察しなきゃいけないのはわかるけど、ベルトコンベアーみたいに、はい次、はい次、って感じで、ちょっと微妙な気分になりました…

不妊治療専門クリニックの先生がすべてこんな感じではないとは思いますが、先生との相性って大事ですよね。

石川県には不妊治療を行なっている病院は、主に3ヶ所ありまして、自宅近くの金沢市内にあるクリニック「金沢たまごクリニック」は、体外受精専門なんですね。

で、同じ系列のタイミング法から体外受精まで行なっている小松市の「永遠幸レディースクリニック」の方をセレクトしたんです。

この後ステップアップして、「金沢たまごクリニック」に転院することになるのですが、先生の雰囲気がかなり違ってびっくりでした。すごく穏やかで優しい先生だったんです。

治療で何度も顔を合わせるわけですから、わたしのように地方で選択肢が少ない場合は別ですが、どうしても合わないと思ったら転院し、先生との相性でクリニックを選択するのも重要なことだと思います!

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です