人工授精

人工授精へステップアップ!前に向かって進むしかない!

焦るようにステップアップ

卵管造影検査も終わり、ゴールデン期間に入ったこともあって、なんだか焦っていたわたし。

約3ヶ月といわれるゴールデン期間のうちに、少しでも妊娠の確率を高める努力をした方がいいのでは?という気持ちになっていました。

というのも、わたしの通っていたクリニックでは、毎周期予約の電話をするごとに、「次はどうしますかー?」って聞かれるんです。

なんかね、次は違うことしなきゃいけないのかな?って気分にさせられるというか…

あと、先生は秒殺診察なので、諸々の相談とか治療の方針は、看護士さんと話すんですが、次の周期の相談をすると「今36歳だもんね。次はどうする?体外受精は考えてないの?」みたいな感じなんです。

もういい年なんだから、だらだらタイミングなんでやってないで、早くステップアップしなさいよー!って言われてるように聞こえる…

不妊治療専門のクリニックですからね、そりゃあどんどんステップアップしてもらって、がっつり治療費払ってもらった方がいいんでしょうけどね。

心の準備もあるし、夫にもちゃんと相談しなきゃだしさ…ま、でもほぼ気持ちは固まってるんだけど…

てことで、「ちょっと夫と相談して決めます」といって、その日はクリニックを後にしました。



夫婦会議でステップアップ決定

帰ってからさっそく夫婦会議。

TAMIKO:わたしは人工授精にステップアップしてもいいかなと思ってる。少し医療の手助けはしてもらうけど、自然に近い方法だし、費用的にもそこまで高くないし。

夫:それって、TAMIKOの体に負担かからないの?

TAMIKO:入れてもらう時に多少の痛みはあるかもしれないけど、麻酔も使わないし、ほとんど負担ないよ。

夫:それならまあいいんじゃない。でも、親には人工授精するってことは内緒にしてほしいかな。

TAMIKO:わかったよ。

てことで、夫にも理解してもらい、いよいよ人工授精へステップアップすることを決めました。

何度もクリニックに通ううちに、治療に対する意識が少しずつ変わってきたのも大きかったかもしれません。

言葉を交わすことはないけれど、いつも待合室にはたくさんの方が待っていて、こんなに多くの人が治療がんばってるんだなーと、心強く感じたし、人工授精に対するハードルも低くなっていったんだと思います。

この日から、人工授精に備えて夫にはマカとニンニクのサプリを飲んでもらうことに!

わたしばっかりじゃなくて、夫にも少しは努力してもらわないとね!

わたしもますます、体質改善がんばるぞー!と決意を新たにして次周期に突入したのでした。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です