人工授精

2回目の人工授精!タイミングバッチリで夫の数値もアップ!

人工授精2回目に向けて

排卵後でもいいです!と半ば強引に初の人工授精を終え、わくわくして待っていたリセット予定日。

はい、やっぱりリセットしちゃいました…。

だって、もう排卵しちゃってたもんね…。

卵とオタマくんの寿命は、

卵→排卵から約24時間(しかも、受精可能なのは最初の6時間)

オタマくん→約36~48時間

らしいんですよー!短いって!

だから、排卵するのをオタマくんが待ち構えてる感じじゃないと厳しいというわけですね…。

てことで、いざ!次の周期へ!

今度は排卵済みにはならないように、ちゃんとクリニックの指示通りの日に受診するぞー!

今回は奇跡的に仕事の休みと診察日がぴったり合って、D12にホルモンチェック、D14に人工授精が決定しました。

そして、夫の数値を良くして確率を高めるべく、ニンニクとマカのサプリメントを継続して飲んでもらいました。

あと、何かいい食べ物はないのかなーと調べていたら、ごぼうがいいらしいと!

ごぼうに含まれる「アルギニン」が、オタマくんの主成分となるアミノ酸と同じなんですって。

良質なオタマくんをつくるための、いい材料になってくれるということですね。

あと、ごぼうに含まれる「サポニン」という成分には血液をサラサラにする作用があり、血流がよくなると、オタマくんにもいい効果があるとか。

よっしゃー!ときんぴらごぼうをさっそく作り、1週間くらいごぼう祭りを開催しました笑



 

数値もタイミングも◎!

そして迎えた人工授精当日。

またまた朝からがんばってもらって、容器に入れてタオルで包んだオタマくんを、片道1時間かけて運びます。

そしたら今回、ちょっとオタマくんの数値がよかった!

前回基準値以下だった良好運動率も42%で、全部基準値超え!ワ~イワ~イ!

そして今回はまだ排卵してませんでした。

オタマくんを注入してもらって、ホッと一安心。

医師「排卵まだだから、排卵を促す鼻スプレーしていってもらうね。もしできたら明日の夜もタイミングがんばって」

と、ブセレキュアスプレーを鼻にシュッとして、この日は終了でした。



ブセレキュアってどんな薬?

初めて使うブセレキュアって、どんな薬なんだろ?と調べたら…

ブセレキュアはスプレキュアのジェネリック薬品。スプレキュアは、GnRHアゴニストの一種で排卵をコントロールするために、直接鼻にスプレーする点鼻薬もしくは、皮下注射で投与される薬。

人工授精でブセレキュアを使用する場合は、卵胞刺激ホルモンと黄体ホルモンの値を急激に上昇させて、排卵を促進させることが可能になる、ということです。

医師からは36時間以内の排卵を促す薬だよーという説明もありました。

体外受精で使う場合は、未熟な卵子の排卵を抑制し、卵子を成熟させるために使われます。

使われ方によって、真逆の効果があるので、なんだかややこしいですよね。

わたしも、え?排卵抑制効果がある薬なの?排卵を促すスプレーって言われたけどなあー?と、ちょっと混乱しました。

クリニックによっては、排卵していなかった場合、HCG注射をして同じく排卵を促すところもあるようです。

というわけで、タイミングもバッチリ、夫の数値もよかったし!と、かなり期待して予定日を待ちました。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です