体外受精

流産後の採卵!分割確認にドキドキ。初の胚盤胞なるか?

気になる卵の成長に一喜一憂

流産後、改めて妊活再開し、今回は胚盤胞目指して採卵に挑みました!

そして、前回は夫の数値が悪く、顕微受精になってしまったのですが、今回はオタマくんたちが元気で、体外受精=ふりかけでの受精になったんです。

これはいけるかもー!

次の日、気になる分割確認です。

2つの卵ちゃん、2個とも正常に受精して分割しているとのこと。

電話した段階で、4分割と5分割とのことでした。


なんと初期胚の段階でグレード1!

気になるグレードを確認したら、4分割の方がグレード1!

キターーーーーー!!!グレード1!

そして、5分割の方がグレード3でした。

確か、分割する速度が速い方がグレードも高くなるはずだけど…なんで5分割の方がグレード3?と思って確認したら、

5分割の方が最初は分割スピードが遅くて、グレード3と判定されたんだそうです。でも、その後ぐんぐん成長して、もう一つの卵を追い越して5分割になったんだって。

だから、今の段階で再判定したら、グレード2くらいにはなるかもしれないね。とのことでした。

わー!2個ともがんばりやさんだわー!

(すでに親バカ状態)

さしずめ、

4分割グレード1→優秀ちゃん

5分割グレード3→努力ちゃん

といったところでしょうか…



胚盤胞になるまでひたすら待つ日々

そして、この後胚盤胞に成長するまでは5日後まで確認できないとのこと。

電話をもらえば、途中経過を観察して報告することはできるけど、そのたびに卵が空気にふれて環境が変わってしまうので、あまりよくないということだったので、ここは運を天に任せて、5日間じっとガマンでいい報告を待つことにしました。

5日間…な、長いー!

前回の体外受精では、もう移植が完了しているタイミングなので、比べるとかなりゆっくりと進行している気がしましたね。

急がば回れ、とはこういうことなのかー

そして、待ちに待った5日後、ドキドキの電話確認です。

その結果…

2個のうち1つが胚盤胞になって、凍結できたとのこと!

もう1つの卵ちゃんは途中で力尽きてしまったそう。結局、優秀ちゃんか努力ちゃんか、どちらが残ったのかはわかりませんでしたが、

やったーーー!!!

初の胚盤胞!

うれしすぎて、半分妊娠できた気持ちになりましたよー。

5日目胚盤胞で、グレードは「真ん中より少し上かな」とのことでした。

わたしの通ってたクリニックって、あんまり詳しくグレードを教えてくれなかったんですよね…

皆さん、5AAとか5ABとか詳しく教えてもらったり、卵ちゃんの写真もらったりもしてますよね?

知る権利はあると思うんだけどなー。そこもまた残念なところでしたね。

とにかく、この貴重な1個が運命の卵ちゃんだと信じて!

ふかふかの子宮のお布団を準備するため、次周期の移植に向けて、さらに気合いを入れてがんばることにしました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です