妊活こぼれ話

妊娠ジンクス第3弾!まだまだあった気になる子宝グッズ

あやかりたい子宝グッズたちをご紹介

いろいろな妊娠ジンクスにのっかろうと、こうのとりキティなどの子宝グッズを買っていたわたしですが、まだまだ知らない子宝グッズがありました!

ちよっと気になるものをいろいろ集めてみましたよー。

マタニティさるぼぼ

さるぼぼと言えば、岐阜県の高山地方で作られるお人形のこと。「ぼぼ」は、その土地の言葉で「赤ちゃん」という意味で、さるぼぼ=さるの赤ちゃんという意味になるそうです。

当初は家の余り布などで作られ、「安産」や「良縁」「子供の成長」「無病息災」などを願うお守りとして今に伝わっています。

赤い色が主流でしたが、最近はさまざまな色のものがお土産用に作られるようになり、色によってご利益が違うとか…

赤色=無病息災・勝負運・夫婦円満・家族運

黄色=金運

ピンク=恋愛運・結婚運

パープル=成功運・仕事運・出世運

ブルー=仕事運・学業運

オレンジ=子宝・安産

緑色=健康運

黒色=魔除け・厄除け

子宝効果には、オレンジのさるぼぼがベストってことですね!

探してみると、こんな「マタニティさるぼぼ」というのがありました!オレンジでかわいいお洋服を着てます。

手のひらにちょこんとのるサイズ。お部屋に飾ったり、ストラップ付きなので、カバンなどに付けたりすることもできそうです。

信楽焼 安産子宝おくるみ地蔵さま&みごもり地蔵さま

流産後、母が気をつかったのか、小さなお地蔵様の置物をプレゼントしてくれたので、玄関に飾っていました。

気がついたときにお祈りしたりしてたんですが、それとよく似たお地蔵様を見つけました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

信楽焼 安産子宝おくるみ地蔵(台座付)
価格:3240円(税込、送料別) (2018/9/5時点)

優しい雰囲気のお地蔵様が、おくるみに包まれた可愛い子地蔵様を抱っこしています。幸せの四つ葉のクローバーの台座にのってますよ。信楽焼なのもちょっと本格的ですね。

お腹がぽっこり膨らんだ、みごもり地蔵さまというのもありました。にこにこした穏やかな表情に癒されますね。

子宝に恵まれるという赤富士とのセット。寝室などにかざると、優しく見守ってくれそうです。

「子供をむカエル」開運カエル

嬉しい事が巡り巡って帰ってくる、ということから、カエルには開運力があるそうなんです。

カエルをあしらった、こんなかわいいストラップもありました。

カエルはヨーロッパでは神様の遣い、タイでは仏様の遣いとして知られており、一度にたくさんの卵を産むので、子宝・豊穣・成功運のシンボルとしても有名なんだとか。

ストラップか、スマホピアス、どちらかを選ぶことができます。

子宝祈願のシーサー「お祈りシーサー」

沖縄の守り神として知られるシーサーですが、子宝祈願用にこんなオリジナルのシーサーが作られていました。

お祈りしているポーズのシーサー2体のセット。右のオスは口を開けて子宝の福を招き、左のメスは口をしっかり閉じて、その福を逃さないようにしてくれるそうです。

手作り感あふれるシーサーの表情がなんともいえないですね。

ざくろの絵を寝室に飾る

ザクロの木はたくさんの実をつけ、また実の中にはぎっしりと種子が詰まっているので、ヨーロッパでは「豊穣」、中国では「子孫繁栄」「安産」などの象徴とされています。

そんなザクロのパワーにあやかる方法として、寝室の北側にざくろの絵を飾ると妊娠するというジンクスがあるそうですよ。

いろいろな子宝グッズをご紹介しましたが、気になるものはありましたか?妊活中の心を少し軽くしてくれたり、お守りのようになるお気に入りグッズを手に入れるのも、気分が変わっていい結果につながるかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です