おすすめの飲み物

カフェインレスコーヒーにはお世話になりました!甘いものがやめられず…

カフェインレスコーヒーは、妊活中のティータイムにおすすめ!

妊活中の飲み物、みなさんどうしてますかー?

わたしは、お茶代わりに普段の水分摂取用として飲んでいたのはルイボスティーでしたが、甘いものと一緒に楽しむティータイムには、もっぱらカフェインレスコーヒーを愛飲していました。

採卵前も移植前も、体質改善してても、どーーーしても甘いものは辞められなかったんです!

逆にムリに我慢しちゃうと、ストレスがたまっちゃうかなと思って、もう甘いものだけはがんばってるご褒美として、ちょこちょこ食べてました。てへへ。

特にチョコレートが大好きだったのですが、チョコと一緒に飲む飲み物は、どうしてもルイボスティーじゃ物足りない…やっぱりコーヒーがベストマッチなんですよね!

カフェインが体に与える影響とは

でも、みなさんご存知の通り、カフェインは妊活中には悪影響なのです。

カフェインの影響

覚醒効果があり、夜眠れなかったり眠りが浅くなる→睡眠中に分泌されるホルモンが出にくくなり、ホルモンバランスが崩れる原因に

利尿作用があり、水分を排出するときに体の体温を下げてしまう→冷え性の原因に

また、鉄分やカルシウムなどの体に大切な栄養も排出させてしまう

これらの作用は、カフェインを多く摂取した場合のもので、少量なら問題ないとも言われています。でも、なるべくカフェインの摂取量は控えたいですよね。

それぞれの飲み物に含まれる1杯あたりのカフェインの量は以下の通りと言われています。

コーヒー…60mg

玉露…160mg

ウーロン茶…20mg

紅茶…30mg

コーラ…15mg

コーヒーだけでなく、緑茶も結構多いですね!実は飲み物だけでなく、わたしが大好きなチョコレートにもカフェインは含まれているのですが…わたしはそこは考えないようにして食べてました!すみません…

コーヒー好きの妊活中の味方!

そこで、妊活中の強い味方が「カフェインレスコーヒー」です!

商品によりますが、水を使ったり二酸化炭素で抽出する方法で、コーヒーの美味しさはなるべくそのままで、カフェインを97~99%除去しています。

カフェインレスといっても完全に取り除かれているわけでありませんが、限りなく少ないため、カフェインの影響が気になる方にはおすすめ。

最近は、スタバなどでも「デカフェ」でとオーダーすれば、カフェインレスのドリンクを飲むことができますよね。

カフェインレスのコーヒーの需要が増えているのかもしれません。

おすすめカフェインレスコーヒー

わたしがよく飲んでいたのはこれです。面倒くさがりなので、コーヒーはもっぱらインスタントでした。

新鮮さを求める方は一杯ずつ淹れるタイプのドリップ式のコーヒーもいいですね。

一杯ずつ淹れる手間はちょっと面倒ですが、淹れたての香りが楽しめます。

通常のコーヒーと同じく、豆の産地や焙煎具合によって、様々な味わいのものがありますから、色々試してみるのもいいですね。

カフェインレスの飲み物には、妊活中だけでなく、妊活をがんばって赤ちゃんを授かった後、妊娠中や授乳中にもずーっとお世話になるので、お気に入りの味を見つけておくのはおすすめですよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です