体外受精

運命の判定日!なんと、赤ちゃんが戻ってきてくれました!

症状がなく、もやもやしていた判定日まで

移植から判定日までの約10日間。

気になりながらも、移植後は笑った方がいいという話も聞いて、なるべくリラックスして過ごしていました。

BT6とかBT7で、早期妊娠検査薬で反応が出る方もいるらしいけど、フライングはなんとかガマン!

でも、これといった症状は無く、この周期はいつもより体温がものすごく低くて、36.036.4を行ったり来たりしていました。

低温期っていうか、リセット前くらいの体温やん!こりゃ、ダメかもな…と、かなり心が折れておりました。

どうやら、ホルモン補充周期だと、体温が上がりにくいようなので、基礎体温はあまりあてにならないみたいですね。

[ARAX] チェックワン 検査用(2回 早期 妊娠検査)
created by Rinker

判定日前日にガマンできずフライング!

判定日前日、なんだか寒気がして、くしゃみも出るし、風邪ひいたかな?と早めに布団に入ったものの、明日の判定日のことを考えるとモヤモヤと緊張で眠れず…

夜中の3時にガマンできずにごそごそと起き出して、トイレに直行し、フライングしちゃいました!

すると…じわじわと判定窓に陽性ラインが!

やったーーー!!!

赤ちゃん、戻ってきてくれました!

夫はぐっすり寝てたので、すぐにでも報告したかったけど、とりあえずは静かに一人だけで喜びをかみしめました。

夜中に無言でわちゃわちゃしてるなんて、ただの怪しい人でしたが…

これで安心して眠れるー!と思ったら、今度は興奮で目が冴えて眠れない!

そのまま朝まで起きてて、やっと起きてきた夫にも報告しました。

夫も喜んでくれたけど、前回の流産のことがあるので、「まだ安心できないけど、よかったね」と。

確かにね、流産のことは考えたくないけど…。浮かれてばかりはいられないよね。でも、もうちょっと喜んでくれてもいいんじゃないのー?とか思っちゃいました。

クリニックで、陽性判定もらえました!

そして、金沢たまごクリニックへ行き、無事陽性判定をいただきました。

hcg:688

前回は同じ段階で、hcgの値が369だったので、約2倍くらい。きっと、勢いのある強い卵ちゃんだーと期待しちゃいます!

胚盤胞まで育った強い卵だし、夫の数値も悪くなかったし、わたしの子宮の状態も、前回よりはいいはず!

今回はいけるんじゃないか?って自信を持てたんです。

そして、なんと判定日の次の日は、わたしの誕生日だったんですよね。

1番欲しかった陽性判定というプレゼントがもらえて、最高の誕生日になりました。

妊娠ジンクスの記事でも紹介しましたが、自分の誕生月には妊娠率が上がる!というジンクスがあるみたいです。

わたしの場合は、誕生月の前月に移植で、判定日が誕生月、という感じでしたが、きっと体の生殖パワーが上がってたのかな?と思ったりしました。

しかしこの後、胎嚢確認、心拍確認と続くわけですが…

結果的には無事出産できたのですが、色々な不安や心配があり、順調な道のりではありませんでした。

妊娠中の話にはなりますが、引き続きブログで綴って行きたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です